憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

将来も安心な「購入予算」を考える

住宅ローンの返済は長期にわたるため、家計が返済期間中に大きく変化する可能性などを考慮して、将来も安心できる「購入予算」を考える必要があります。
ちなみに、購入予算というのは家計に無理なく「買える価格」のことで、この価格を目安に一戸建て購入計画を考えるのもひとつの方法です。
まずは、住宅購入時に使用できる現金の金額を決めましょう。
現在の貯蓄全てを使用してしまうと、新居への引越し代などの入居費用や家族の病気・ケガなどの事態に備えとなる生活予備費がだせなくなってしまいます。
ですから、将来も安心して生活していくためには、貯蓄から住宅購入後に備えるお金を差し引いた額を住宅購入資金とすることが大切です。
次に住宅ローン借入額を考えましょう。
一般的に「年収負担率25%以内なら安心」といわれているので、毎月のローン返済額は「年収×25%÷12ヶ月」となります。
しかし、同じ年収であっても家族の人数やライフスタイルで返済できる額に違いがあります。
ですから、家計に合った無理のない返済額を決めるには、家賃など現在の居住費から購入後にかかるローン以外の居住費を引いた額と考えると良いでしょう。
ただし、家計に合った「毎月返済額」ということが絶対条件になることを忘れないようにしましょう。
ある程度の返済額が決まったら借入額を計算しますが、大まかな目安となるのは「毎月返済額の300倍」というものです。
ただし、返済期間を短くしたい人などは「毎月返済額の270倍」と考えると良いでしょう。
住宅購入資金と住宅ローン借入額が大体見えてきたら、「買える価格」を計算しましょう。
買える価格の計算は、住宅購入資金と住宅ローン借入額を足して、そこから購入諸費用を除けば良いだけです。
ただ、購入諸費用は住宅の種類で異なり一戸建ては6%〜10%が目安となります。
ですから、土地を購入して一戸建てを建てるのなら、土地代と建物の工事代金を合計した金額が購入予算内におさまるように計画する必要があります。
また、中古住宅を購入して内装などをリフォームする場合も同様で、中古住宅の代金とリフォーム費用の合計が予算内におさまるようにする必要があります。
ただ、これらはあくまでもひとつの目安であって、現在と将来の家計がどのように変化するかなどチェックして十分な検討をすることが大事です。
とにかく「将来も安心できる購入予算である」というのが大前提というのを忘れないようにしましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ.All rights reserved.