憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

一戸建てを購入した後に必要な費用

憧れのマイホームとして一戸建てを購入した場合には、一戸建てを購入した後にどんな費用がどの程度必要になるかを知っておくことも大切です。
単純に住宅ローンを返済していけばいいというわけではなく、土地・建物の所有者にかかる税金や維持・管理に必要な費用など、様々必要となる費用があるのです。
そのことを考慮しておかないと、その時になって困ることもあるので注意しましょう。
一般的に住宅ローンの返済期間は最長35年で、通常はその範囲内の20年〜35年を選択する人が多いようです。
当然、その期間中は毎月休みなくローン返済が続きますし、ボーナス時加算を利用した場合には、年2回のボーナス返済月に「通常の毎月返済額+ボーナス時加算額」を返済することになります。
ですから、このように長期にわたる返済を無理なくするためには、家計管理をしっかり行う習慣をつけることが大切といえます。
特にボーナスは景気などで左右されるので、家計管理が重要ポイントになるでしょう。
また、低金利の住宅ローンを選択したり、返済期間を短縮したりして節約することも大事です。
毎年4月頃に納税通知書が送られてくる「固定資産税・都市計画税」は、土地や建物など不動産の所有者にかけられる税金です。
市町村が「土地」と「建物」の「固定資産税評価額」を決めて、それに一定の税率をかけて税額に関しては計算されます。
また、納税通知書に記載された期日までに納税するのが一般的ですが、一括で納める以外に年4回の分納も可能です。
このような税金がかかってくることも理解しておきましょう。
ただ土地(住宅用地)に関しては、固定資産税・都市計画税共に一定の軽減措置がありますし、新築一戸建ての購入または一戸建てを新築する場合は、新築後3年間は建物の固定資産税額が半額に軽減されます。
また3年毎に固定資産税評価額は見直されて、特に建物は築年数が考慮されて評価額が算出されるため、年を経ることで評価額は徐々に安くなり税額も減るのが一般的です。
マンションと違って一戸建ての場合は、維持管理費用を自分で積み立てておかなくてはなりません。
当然、年数がたつことで壁紙やフローリング、水まわり設備などのリフォームが必要になってきます。
ちなみに、水まわりの交換では200万〜300万円程度必要ですし、外装の修繕なら100万〜200万円程度の費用が必要といわれています。
そのようなリフォームに対応するためにも、計画的に費用の準備をしておく必要があります。

Copyright (C)2017憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ.All rights reserved.