憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

住宅ローンの利息を減らす方法

住宅ローンを利用して一戸建てなどを購入する場合、高額な借り入れで長年にわたる返済期間となるため、総返済額がかなり大きくなってしまいます。
ですから、資金計画のコツとして利息を減らすことも大切で、そのポイントとなるのが「低金利」と「短期間」です。
利息を減らす第一歩は金利の低い金融機関を選ぶことで、金利がほんの少し違うだけで総利息の差が大きくなるのです。
また、金利タイプの違うローンを組み合わせることもリスクや利息を減らす方法のひとつです。
ただし、将来金利が上がることで利息が増える可能性もあるので注意が必要ですし、その時に備えて貯蓄などをしておくことも考えておきましょう。
返済期間が短いほど利息を減らすことが可能になります。
ただ、返済期間を短くすると毎月返済額などが上がるので、無理の無い毎月返済額範囲で短くすると良いでしょう。
また、ボーナス時加算額を利用して期間短縮することも可能です。
ただ、景気や会社の業績に左右されやすいボーナスなので、支給額が減っても返せる金額に設定することが大切です。
あと、家計に余裕のある人なら金利の低い変動型を借りて返済期間を短くするのもひとつの方法ですし、総返済額が元金均等返済の方が低くなるので、お得な「返済方法」を利用するのもひとつの方法です。
通常の返済とは別に元金の一部を前倒して返済する「繰り上げ返済」は、返済した元金に当たる分の利息を節約できるのでおすすめの方法のひとつといえます。
返済期間を短くする「期間短縮型」と毎月返済額などを減らす「返済額軽減型」があります。
例えば、返済期間35年で3000万円の借入額の場合で、約300万円を10年後に繰り上げ返済したと思います。
期間短縮型なら返済期間を4年短縮できて総利息額は約176万円の節約になりますし、返済額軽減型なら毎月の返済額を約13,000円減らせて総利息額は約78万円の節約になります。
つまり、利息を減らす効果を考えると「期間短縮型」の方が高いといえます。
ただ、どちらを選択するにしても早い時期に行うほど利息を多く減らすことができます。
しかし、繰り上げ返済で全ての貯蓄を使用してしまうと、病気やケガ・収入減など不測の事態に備えられないので、生活予備費や教育費などの貯蓄とのバランスを考えて行う必要があります。
あと、繰り上げ返済しやすいローンを選ぶことも大切なポイントです。
「繰り上げ返済受付額」「繰り上げ返済手数料」などがローンの種類や金融機関により違うので、その点を確認して住宅ローン選びをすることも必要でしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ.All rights reserved.