憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

リフォームする場合の手続きと費用

中古住宅を購入してリフォームする場合や現在住んでいる住宅の増改築をする場合があります。
どんな手続きがあるのか、いつまでにどんな費用が必要なのか、一戸建て住宅のリフォームをする時の支払いスケジュールを把握しておくことも大切です。
また、「リフォームローン」を利用するかどうかで手続き内容や費用に違いが出てくるので、計画しているリフォーム内容に対する見積もりをとってローン利用を検討する必要があります。
そこで、一応リフォームローンを借りるケースを中心に支払いスケジュールを簡単に紹介します。
まずリフォーム会社を選択するためには、複数の会社から見積書を出してもらい比較検討するのが一般的です。
ただ一戸建ての場合には耐震診断費用が必要なケースもあります。
ですから、通常見積もりは無料ですが、一戸建てリフォームで耐震補強を目的とする場合は、耐震診断費用として15万円〜20万円程度かかることもあります。
リフォームローンを利用際は、どの金融機関のローンを利用するか選択する必要があります。
また、耐震診断費用や一定の耐震改修費用、省エネリフォームに対して、助成金や融資制度を設けている自治体もあるので居住する市区町村に確認することも必要です。
ただし、リフォームの内容などに条件があることを理解しておきましょう。
施工会社が決まったら「工事請負契約」を結びますが、契約時に必要な諸費用として契約書に貼る印紙代が必要になります。
また、リフォームローンを利用する場合には、その契約書に貼る印紙代も必要になります。
リフォーム工事の代金支払い時期に関しては、施工会社との話し合いで決めます。
一般的に工事代金が100万円以上など高額の時は、契約時とリフォーム完成時の2回に分けて支払います。
また、工事代金が数百万円〜1千万円台とさらに高額になる場合は、契約時・工事途中・完成時の3回に分けて支払うケースもあります。
ですから、費用の大部分をリフォームローンでと考えている場合は、融資実行が工事代金の支払い時期に間に合うかどうかを事前に確認しておくことが大切です。
また、その点を踏まえて代金支払い時期に関して施工会社との話し合う必要もあります。
あと住宅全体のリフォームなど、工事内容によってはリフォーム期間中の仮住まいが必要になることもあるので、その間の賃料や引越し費用などが必要となることも忘れないようにしましょう。
リフォームで住宅の床面積が変更される場合などは変更登記の費用がかかるので、完成後に支払う費用として用意しておきましょう。
また、この機会に家具などを一新する場合もあるので、その費用も考えておきましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ.All rights reserved.