憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

中古住宅を購入する際に必要な費用

新築と違って中古の場合は、購入後にリフォームすることも考えられます。
リフォームすることも考慮して、いつまでにどんな費用を用意すれば良いのか中古一戸建て住宅を購入する時の支払いスケジュールを知っておくことも必要でしょう。
また中古の場合には引き渡しまでの期間が短い場合があるので、残代金や購入諸費用が準備可能か確認して契約することが大切ですし、現金の準備を早めにしておくことが大切です。
売買契約時には、価格の10%を「手付金」として支払いますが、そのお金は後に売買代金の一部となります。
ただし、契約から引き渡しの間に買主の都合でキャンセルすると返還されませんし、逆に売主の都合でキャンセルされる時は、手付金の2倍の金額が買主に支払われます。
その他契約時に必要となる諸費用として契約印紙代や仲介手数料があって、仲介手数料は売買代金の3.15%+6.3万円が上限で、一般的には契約時と残金決済時に半金ずつ払います。
ただ、売主が不動産会社で直接購入する場合は仲介手数料が必要ありません。
引き渡しまでに必要となる費用としては、金融機関と住宅ローン契約する際に契約印紙税(2万円〜)があります。
引き渡し直前に行う残金決済は、売買代金から手付金を差し引いた金額を指定された口座に振り込むのが一般的ですが、通常は住宅ローンを利用するので金融機関から直接振り込んでもらうことになります。
あと購入諸費用としては、登記費用・保証料や火災保険料などのローン借入費用・日割りした税金などの清算金などがあります。
これら購入諸費用は物件や住宅ローンで差が大きいですが、目安としては一戸建てで6%〜10%といわれています。
引き渡し後に必要となる費用としては、リフォームするならその費用が必要になります。
一般的に引き渡し後にリフォーム会社と契約を結び施工しますが、費用を現金で支払うか、ローンを利用するか事前に考えておきましょう。
最近では、リフォーム費用を含めた金額を借りられる住宅ローンもあるので、その点も考慮して計画すると良いでしょう。
引越し費用や家具・家電購入費用は意外と忘れがちですが、平均すると50万円程必要になるといわれているので忘れずに計画に入れておきましょう。
土地・建物を取得すると都道府県から「不動産取得税」の納税通知書が引き渡しの半年〜1年半後に送られてきます。
ただ、1982年以降建築で一定の条件を満たす中古一戸建て住宅では軽減措置が受けられるので、不動産会社や都道府県の担当課に確認しておくと良いでしょう。
あとは住宅ローン返済と家の所有者にかかる税金を支払うことになります。

Copyright (C)2017憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ.All rights reserved.