憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

新築一戸建てを購入る時の手続きと費用

いつまでに、どのような費用をいくら用意しておけば良いのかを知っておくことも、新築一戸建てを購入する時には必要なことです。
支払い時期と金額の目安を知っておくことで、適切な準備をすることが可能になります。
購入が決まったらすぐに必要になるのが、物件購入の意思を正式に伝える手続きとなる「申込証拠金」で、5万円〜10万円を支払います。
このお金は売買契約時に「手付金」として充てられますが、もし契約前にキャンセルすることがあれば一般的に返却されます。
ですから、いずれにしても支払時には「預かり証」をもらっておくことが大切です。
購入申し込みの1週間ほど後に行われるのが「売買契約」で、この時に売買代金の5%〜10%の「手付金」が必要になります。
引き渡しまでにキャンセルがない場合、このお金は売買代金の一部に充てられますが、キャンセルすると返ってきません。
また、売主の都合でキャンセルになる時は、手付金の2倍の金額が支払われます。
引き渡しまでに支払う費用としては、金融機関と住宅ローン契約する際の契約印紙税(2万円〜)があります。
引き渡しの直前には、売買代金から手付金を引いた金額を不動産会社の口座に振り込む残金決済が行われます。
ただ、多くの方が住宅ローンを借りて支払うので、金融機関から直接振り込んでもらうのが一般的です。
あと、一戸建て注文住宅の場合、引き渡し前の所定の時期に代金の一部を「中間金」として支払うケースもあります。
その他に登記費用など購入諸費用が必要で、物件や住宅ローンにより差が大きいですが、新築一戸建ては6%〜10%が目安となります。
引き渡し後に必要となる費用に関しては意識する人は少ないでしょうが、引越し費用(平均で18万円)や家具・家電の購入費用(平均で26万円)が必要になります。
ですから、具体的に引越しや家電・家具購入の計画を立てて見積を貰っておくことも必要でしょう。
また引き渡しの半年〜1年半後に、土地建物取得にかかる税金として「不動産取得税」の納税通知書が都道府県から送られてきます。
ただ、一定の条件を満たす新築住宅では軽減措置が受けられるので、所定の期間内に申告手続きをしましょう。
最後に新築の一戸建てを購入した後にずっと支払う費用が、住宅ローン返済費用です。
また、納付が必要となる税金と今後のメンテナンス費用などもあります。
このような感じで様々な費用が必要になるので、その時に焦ることがないように計画を立て準備しておきましょう。
特にメンテナンス費用に関しては、マンションと違って強制的な積み立てがないので、準備をしていないと困ることもあるので注意しましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ.All rights reserved.