憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ

資金計画を考えるためのポイント

自分で資金計画を立てることは難しいですが、返済額・金利タイプ・返済期間・住宅資金(家の購入に使える現金)の4つを決めておくと、不動産会社や金融機関のスタッフが簡単に立ててくれます。
ですから、一戸建て購入の資金計画のために4ポイントに関して理解しておく必要があります。
また、資金計画を立てる際に一番大事なことは、将来的にも家計に無理なくローン返済を続けられるかという点です。
ですから、まずは「返済額」とそれを左右する「金利タイプ」を決めておくことが大切で、将来の生活に影響する「返済期間」も大切な点ということを理解しておきましょう。
あと、住宅資金は将来の生活が不安にならないように注意することが大切です。
これらのことを踏まえて、ひとつずつ考えいきましょう。
30年前後と長期間続くケースが多い住宅ローンの返済ですから、現在だけでなく将来の家計プランも考慮して返済額を決める必要があります。
現在の住居費を基準にすると共に、教育費など将来の家計プランも検討して、毎月返済額とボーナス時加算額を決めましょう。
当然「金利が低い方がお得」と考えるでしょうが、「変動型」や「固定期間選択型」などのタイプは返済中に金利や返済額がアップする可能性があることを理解しておきましょう。
金利が最初は高めでも最後まで一定の「全期間固定型」というタイプもあるので、よく見極めて金利タイプを選択することが大切です。
現在の様々な社会情勢を考えると、定年退職後も住宅ローン返済が続くことは、老後の生活に不安を残すことにつながりかねないので、定年退職までに完済するのが理想といえるかも知れません。
ただ、返済期間を短くすると毎月返済額が高くなるので、最初は返済期間を長くして「繰り上げ返済」で返済期間を短くするのもひとつの方法です。
一戸建てを購入する際に必要な「購入諸費用」と「頭金」に充てられる現金が「住宅資金」です。
ただ、全ての貯蓄を住宅資金に使用すると、購入後の入居費用や生活予備費がなくなり生活が不安になってしまうので、それらを差し引いた金額にしておきましょう。
しかし、頭金は価格の2割以上用意するのが理想で、少なくとも1割以上は用意したいといわれていることも理解しておきましょう。
また、最低でも「購入諸費用」分は現金で用意する必要があるので、その点も理解しておきましょう。
ちなみに一戸建てでは、物件価格の6%〜10%の購入諸費用が必要になるといわれています。
とにかく資金計画を立てる際に一番大事なことは、「将来的にも家計に無理なくローン返済を続けられる」ということが大前提と認識しておきましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017憧れの一戸建てを手に入れるノウハウ.All rights reserved.